症状
結膜(白目)に生じる出血をいいます。痛みはありません。片目に起こることが多いですが、両眼に認められることもあります。出血が目立つのでびっくりすることが多いですが、視力低下が起こることはありません。病気の中には、一見派手ではあるけれど心配のないものと、派手ではないけれどこわい、失明するような病気があります。通常、この結膜下出血は、眼の病気の中では、派手だけれど心配のない病気の代表です。出血は、1−2週間で消失することがほとんどです。ただ、あまり頻繁に繰り返す場合は、出血しやすい病気や、内科などから処方されている飲み薬の影響(ワーファリン、バイアスピリンなど)で身体全体が出血しやすくなっていることの現われであることがあるので注意が必要です。また、ウイルスで起こる結膜炎のなかに出血をともなう種類があるので、結膜下出血自体は問題がなくても、結膜炎の治療が必要になる場合があるので、自己判断で安心してしまわずに眼科を受診し、確実に診断をうけることが大事です。

原因
こすったり、いきんだり、あるいは思い当たるような理由がなくても起こります。むしろ出血の直接原因は、分からない場合の方が多いといってもよいくらいです。アレルギー性結膜炎でかゆいのでこすったときや、風邪をひいてひどい咳をした際に起こる場合もあります。それ以外では、眼のけがや目の手術の際に生じることがあります。

治療
そのまま放っておいても消失しますが、血管を収縮させる点眼薬が処方される場合があります。

ホームページへ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気
Google地図
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科

眼の構造 はたがや おかだ眼科

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931


Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.

結膜下出血