正常の眼では、外から入ってきた光は網膜で像を結び、その結果、物の形を認識することができます。この網膜の中で、中心部を占める、最も視力に影響の大きい部位を黄斑(あるいは黄斑部)といいます。加齢黄斑変性は、50歳以上の方の網膜の黄斑部に障害が起こり、視力障害などを来たす病気です。喫煙者に起こりやすいことが報告されています。
眼の構造 加齢黄斑変性

症状
病気の初期には、物がゆがんで見えたり(変視症)、物の大きさが違って見えたり、あるいは、視野の中央が暗く感じたりします。そして、その後、次第に視力が低下してくることが多い病気です。網膜の病気には色々なものがありますが、この加齢黄斑変性という病気は網膜の中心部は傷害されますが、網膜の周辺部は犯されないので、視力が落ちて、真ん中は見にくくなりますが、周りの視野が狭くなることはありません。通常は、両眼が障害され、片眼に生じた場合には、後から反対の眼に症状の出てくることが多いです。


病気の型
1)滲出型
異常な新生血管が生じ、この血管が出血することによって、急に視力が低下することが多い病気の型です。

2)非滲出型
異常な新生血管を生じない病気の型で、滲出型に比べ比較的ゆっくりと視力が低下していきます。


治療
新生血管を生じる滲出型では、出血がある場合、止血剤を内服をします。最近は、血管の新生を押さえる薬剤を眼内(硝子体)に注射する方法や光線力学療法(薬剤が新生血管に行き渡ったところでレーザー光線で焼く方法)などが行なわれてきています。
また、サプリメントで、病気の進行が抑えられたという報告もあります。


似た病気
網膜の病気には、様々なものがあります。症状は同じでも、まったく違う病気があります。特に比較的まれな遺伝性の独立した病気として加齢黄斑変性と区別されるものなど、症状が同じでも加齢黄斑変性ではない場合があります。
ホームページへ

加齢黄斑変性
ホームページへ
眼の構造と病気
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
Google地図
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931



Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.

おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

幡ヶ谷 眼科 はたがや おかだ眼科 幡ヶ谷駅徒歩3分 6号通り商店街 


幡ヶ谷 駅徒歩3分 笹塚 初台 徒歩圏 眼科
院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科