老眼(老視)とは
遠くにある物に焦点を合わせて、はっきり見えるところから、近くにある物に焦点をあわせて、はっきり見えるところまでの範囲を、調節域といいます。この遠くと近くの焦点のあう範囲が減ってきて、近くを見るのに不自由を感じることを「老眼」(老視)といいます。主として、水晶体(眼のレンズ)の弾力性が減ってくることで起こり、病気ではなく、加齢に伴う変化です。老眼は、徐々に、60歳ぐらいまで進行していきます。

老眼は30歳台でも起こる
「老眼」というと、年をとったように聞こえますが、30歳代後半で自覚する人もあります。たとえば、もともと眼鏡をかけないで(裸眼で)視力のよかった方では、眼がもともと遠方に焦点があっているので、もともと近くに焦点のあっている近視の人に比べて、遠くと近くにあわせる範囲が減ってくると、手元を見にくく感じることがより早く起こります。そこで、パソコンなど近くを見る作業の長い人の場合、40歳前でも近くを見るときのための眼鏡を使う場合があります。

症状
老眼を感じる始めの症状で比較的多いのは、遠くを見ていて急に近くを見たときに一瞬時間がかかることです。それが、次第に、本や新聞など、手元にあるものを読むのに見にくくて、不便を感じたり、あるいは、それらの読み物を読むのに、読み物と眼との距離を遠くしないと見にくいということが起こります。また、仕事でパソコンなど近くを見る作業の長い方では、眼精疲労、頭痛、肩こりの原因になることがあります。

治療
治療としては、近くに焦点を合わせるために眼鏡を使用します。場合によっては、遠近両用のコンタクトレンズを使用される方もありますが、うまく行く場合ばかりではなく、眼鏡の使用の方が一般的です。また、加齢とともに、老眼は進行しますので、適宜、眼鏡の度を変える必要があります。

ホームページへ

老眼
眼精疲労
Google地図
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気
ホームページへ
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

幡ヶ谷 眼科 はたがや おかだ眼科 幡ヶ谷駅徒歩3分 6号通り商店街 


幡ヶ谷 駅徒歩3分 笹塚 初台 徒歩圏 眼科
院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科

眼の構造 はたがや おかだ眼科

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931


Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.