幡ヶ谷 眼科 はたがや おかだ眼科 幡ヶ谷駅徒歩3分 6号通り商店街 

Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.


緑内障は、
眼の神経が障害される病気で、眼圧を充分に下げることで病気の進行を阻止しうるものです。そして、この病気は、主として、


@比較的ゆっくり視力障害が進み、眼圧が正常の範囲の中にある正常眼圧緑内障

A比較的ゆっくり視力障害が進み、眼圧が正常より高い原発開放隅角緑内障
B 急激に視力がされる原発性閉塞隅角緑内障
C もともと別の病気があって、それが原因となって緑内障を生じる続発緑内障

の4つに分けられます。

調査によれば、40歳以上の日本人の5.0%が緑内障であると推定されていますが、このうち、日本のほとんどの地域では、正常眼圧緑内障が最も多く、緑内障の患者さんの70%以上を占めていると言われています。

眼圧とは
眼球をゴムまりにたとえれば、眼圧は、ゴムまりの張り具合にあたります。眼球がどの程度パンパンか、あるいはペコペコになっているかその度合いを示すと考えてください。なぜこの眼圧が重要かというと、眼の中で、眼の神経が最も圧力に弱く、弱くなった神経は、眼の圧力に負けて傷害され、視力が低下したり、見える範囲が狭くなってしまう(視野狭窄といいます。)からです。正常の眼圧の上限は21mmHgです。 

緑内障の症状や治療は、それぞれタイプによって異なります。

正常眼圧緑内障と原発開放隅角緑内障
比較的ゆっくり視力障害が進む病型で眼圧が正常の範囲の中にあるのが正常眼圧緑内障、眼圧が正常より高いのが原発開放隅角緑内障です。

症状
病気の症状としては、視力障害や視野障害がありますが、この病気の問題点は、病気の初期には自覚症状が出ないことです。つまり、病気が進行すれば、見にくいとか、見える部分の一部が見にくい(視野狭窄)ということに気づいて眼科を受診することになるのですが、このときには、病気がもうすでにかなり進んでしまって、目の神経が障害されてしまっていることがほとんどです。現在のところ、どんな治療を行なっても、いったん障害されてしまった視神経の機能を元にもどすことはできないのです。したがって、大事なことは、いかに早い時期に緑内障であることを見つけるかということです。この意味で、会社や、各地方自治体の行なう健診で、緑内障の精査を勧められた場合は、かならず眼科で精査を受けることです。早期発見こそ最大の治療です。

治療
緑内障の診断が確定すると、治療として、まず点眼薬を用いて眼圧を下げます。眼圧を下げることによって目の神経を圧迫する圧力を下げ、これ以上神経が弱くなるのを防ぎます。点眼薬を使っても充分に眼圧を下げられない場合は、手術を行ないます。
危険因子:遺伝、強度近視
緑内障は、遺伝する傾向がありますから、ご両親、兄弟などに緑内障の方がおられる方は、念のため眼科で緑内障の検査を受けられるべきです。また近視の強い方は緑内障を生じる確率が高いですから緑内障の検査を受けられることが勧められます。

原発性閉塞隅角緑内障
症状
高齢の方に多く、急に視力障害が生じます。見にくくなるとともに、白目(結膜)が充血し、頭痛や嘔吐を伴うことが多いです。頭痛や嘔吐を伴うために、患者さんは、眼科よりもまず内科を受診してしまうことも稀ではありません。

治療

点眼薬や内服薬で眼圧を下げ、レザー光線を使って眼の中の水の流れ道を作るための手術を行ないます(レーザー虹彩切開術)。治療が遅れると、失明してしまいますから、緊急な治療が必要です。


続発緑内障
もともと別の病気があってそれが原因となって、眼圧が上昇し、視神経が障害され、視力の障害を生じるのが続発緑内障です。原因になる眼の病気には、ぶどう膜炎糖尿病性網膜症白内障、外傷(けが)、ステロイド薬の治療を受けていた場合など、様々なものがあります。治療としては、もともとあった病気の治療と、それに加えて、眼圧を下げるための治療(点眼薬、内服薬、手術)を行ないます。
高眼圧症

ホームページへ

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

緑内障
院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 
ホームページへ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気 眼の断面図
眼の構造と病気
Google地図
幡ヶ谷 駅徒歩3分 笹塚 初台 徒歩圏 眼科
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
おかだ眼科
はたがや
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931