使用している眼鏡が合っていないと様々なトラブルが起こります。


1)眼鏡の度が強すぎる場合
近視で遠くが見えにくい場合には、眼鏡で遠方が見やすくなるように眼鏡の度を合わせますが、この場合、ただはっきり見えれば良いと思って眼鏡を処方してもらうと、パソコンや細かい書類を見る作業の長い方の場合、度が強すぎて、疲れやすくなり、肩こりや頭痛などの症状が起きてしまうことがあります。このため、もし車の運転がない場合には、そこそこに遠くが見えるくらいの弱めの眼鏡を処方してもらうと仕事が楽になります。あるいは、眼鏡の処方をしてもらうときに、運転するなど遠くを見ることが多いのか、それともパソコンと向かい合っていることが長いのかを考慮してもらうことです。⇒眼精疲労


2)左右のバランスの悪い場合
眼鏡の左右のレンズの度のバランスが悪いと「なんとなく見えにくい」とか、疲れやすいなどの症状が生じます。特に左右の眼の度に差が大きい場合には、左右の見え方のバランスの良い眼鏡をうまく作成できない場合があります。それは、眼鏡では、レンズの度が違うと見える像の大きさが変わってしまうからです(この度による像の大きさの差は、コンタクトレンズの方が少ないです。)。すなわち、左右の眼の度の差が大きい場合には、それぞれの眼でよく見えるようにするために必要な眼鏡の度の差も大きくなりますが、この差が大きいと、眼鏡で左右の見える像の大きさが違ってきてしまい、頭痛などの原因になってしまうのです。そこで、左右の眼の度が大きく違う場合には、頭痛が生じないように、バランスを考えながら、左右の眼鏡の度を決めるのがふつうです。
ところで、眼には、「効き目」というのがあります。これは、ちょうど手に、「利き手」があるように、「得意な眼」という意味で、中心にものを見ている眼のことを言います。眼鏡のレンズのバランスに関していえば、遠用眼鏡(遠くを見るための眼鏡)の場合、もし「効き目」の方が、他眼に比べ、より見やすいか、同じくらいの度の眼鏡であれば問題ないのですが、もし「効き目」の方の見え方が悪いと、左右のバランスが悪いという感じが出やすくなってしまいます。
使用している眼鏡で、「なんとなく見にくい」とか、疲れやすいということがあれば、今の眼鏡の度が合っているか、確認してもらうことをお勧めします。

ホームページへ

ホームページへ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気
Google地図
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科

眼の構造 はたがや おかだ眼科

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931


Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.