「はやり目」というのは、流行性結膜炎の俗称です。


流行性結膜炎
流行性結膜炎は、アデノウイルス(8型、19型、37型)によって起こる非常に感染力の強い結膜炎で、他のウイルス性結膜炎に比べ、一般に、症状が強く、治癒するまでに時間がかかります。


症状
結膜(白目)が充血し、めやに、ごろごろ感、流涙(涙の出ること )、うっとうしさが生じます。耳の前やあごの下のリンパ節が腫れて痛みの出る場合もあります。発症して1週間は、涙、うっとうしさなどの症状が増悪することが多く、典型的な場合には、発症後2−3週間ぐらいすると、今度は、まぶしさや、軽度の視力低下が自覚されてきます(角膜、すなわち黒目に混濁が生じて、視力が低下します。これを、点状表層角膜炎といいます。)。このまぶしさや、視力の低下は、1ヶ月を過ぎると徐々に軽快して行くことが多いですが、中には症状の消えるまでに2−3ヶ月かかる場合もあります。両目に症状が出た場合は、通常、後から症状の出た目の症状は軽く済みます。


治療
炎症を抑えるためにステロイドの点眼薬、細菌による2次的感染を防止するために抗生物質の点眼。後期に視力低下を生じた場合には、ヒアルロン酸塩の点眼薬で治療します。


注意事項
この結膜炎は、非常に感染力が強いので周りの人にうつさないための細心の注意が必要です。同居されている方がある場合は、タオルは別にすること。お風呂は最後に入ること。触ったところからうつりますから、とにかくまめに手を良く洗うこと。それも、石鹸をつけて「2度洗い」することをお勧めします。(石鹸ををつけて充分な流水で洗うことで手についたウイルスが洗い流されます。)
また、発症1週間前後は、医師から処方された点眼薬を使用しても、うっとうしさが増加する場合が珍しくありません。しかし、初期に充分な点眼治療を行なっていないと、後になって視力の低下が顕著だったり、治癒までの経過が長くなってしまいますから、医師の指示通りに点眼を続けることが大事です。


その他のウイルス性結膜炎
いわゆる「はやり目」以外にも、ウイルスによって起こる結膜炎にはいくつかありますが、他の人にうつさないための注意は、流行性角結膜炎と同じです。


  咽頭結膜熱
  俗に「プール熱」と呼ばれるもので、めやに、充血などの症状
  以外に、発熱やのどの痛みを伴うのが特徴です。

  急性出血性結膜炎
  結膜(白めに)出血を伴うのが特徴です。

  ヘルペス性結膜炎
  眼周囲の皮膚に水泡などヘルペスに特徴的な変化が認めら
  れれば、他の結膜炎と区別されます。


結膜炎は、ウイルスだけではなく、細菌によってでも起こります。経過も様々ですから、めやに、充血などの症状が出たら、すぐに眼科を受診することが大切です。

ホームページへ

ホームページへ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気 眼の断面図
眼の構造と病気
Google地図
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.