まつげ(睫毛)が、内側に向いて生えていたり、あるいは、まつげの一部分が、違った向きに生えている状態を、一般に「さかさまつげ」と呼んでいますが、医学的には、状態に応じて、睫毛内反症(読んで字のごとく、「まつげが内側に反り返っていること」)あるいは、睫毛乱生症(まつげが乱れて生えているの意味)と呼んでいます。

症状
まつげ(睫毛)が、内側に向いていると、まつげが、黒目(角膜)やまぶた(眼瞼)にあたります。この結果、角膜に傷がついて、ごろごろする異物感を生じたり、まぶたを刺激して、ちくちくしたり、涙が出て止まらないなどの症状が起こります。さらに、角膜の傷がひどくなると、まぶしくなったり、視力が低下する場合もあります。

治療
小学校低学年の小児では、まつげが内側に向いて生えていることは決して珍しいことではありませんが、ごろごろしたり、あるいは、まつげのあたる感じが気になって、こすってしまう、あるいは、こするくせがついてしまう場合があります。小児では、成長とともに、内側に向いていたまつげが、自然と外側を向いてくることが少なくないので、症状が激しくない場合は、点眼薬を使用しながら経過をみます。しかし、症状が激しく、視力が低下するような場合には、まつげが外側を向くように、手術を行ないます。
高齢者など、加齢とともに、外側を向いたまつげの一部分が、内側を向き、異物感を生じる場合があります。この場合は、まつげが伸びた時点で、まつげを抜きます。症状が激しい場合には、小児の場合と同様で、手術を考えます。

ホームページへ

さかさまつげ
ホームページへ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
眼の構造と病気
Google地図
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

幡ヶ谷 眼科 はたがや おかだ眼科 幡ヶ谷駅徒歩3分 6号通り商店街 


幡ヶ谷 駅徒歩3分 笹塚 初台 徒歩圏 眼科
院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科


東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931


Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.

眼の構造 はたがや おかだ眼科