上の図は、眼の段面の構造を模式図で示したものです。眼の構造は、カメラの構造に例えられます。
眼のそれぞれの部位で比較的多い代表的な病気を以下に示します。

眼瞼
眼球の上側半分を覆う部位を上眼瞼、下側半分を下眼瞼といいます。
眼瞼の病気:麦粒腫、霰粒腫、マイボーム腺炎、マイボーム腺梗塞、眼瞼炎、眼瞼腫瘍、睫毛乱生症、睫毛内反症など

結膜
眼球結膜と眼瞼結膜に分けられます。
結膜の病気:ウイルス性結膜炎(「はやりめ」など)、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎(花粉症)、結膜下出血、瞼裂斑炎、翼状片、結膜異物など

角膜
眼の前部にある透明な部位で、正常では血管がありません。
角膜の病気:角膜炎、角膜びらん、角膜変性症、角膜異物、翼状片など

虹彩
一般に茶目と呼ばれている部位です。
虹彩の病気ぶどう膜炎

瞳孔
虹彩の真ん中に空いた円形の部位をいいます。カメラの構造でいえば絞りにあたる役割をしています。眼底検査の時には、この瞳孔を点眼薬によって広げます(散瞳検査といいます。)。


前房

角膜、虹彩と水晶体の前面で囲まれた部分です。前房水という液体で満たされています。

毛様体
血管に富み、前房水を産生しています。

水晶体
カメラでいえばレンズに当たる部分で、レンズにあたる役目をしています。
水晶体の病気白内障

硝子体
眼の中で、最も大きな容積を占める部分です。硝子体液という、どろっとした液体で満たされています。
硝子体の病気:硝子体出血、硝子体混濁、増殖性硝子体網膜症

強膜

眼の外側の強固な部位です。
強膜の病気:強膜炎

脈絡膜
脈絡膜の外側に強膜、内側に網膜があり、両者に挟まれた部位です。血管に富んでいます。
脈絡膜の病気ぶどう膜炎加齢黄斑変性、網脈絡膜萎縮症

網膜
カメラ(昔の)でいえばフイルム(デジタルカメラが出てきてフイルムがなくなってしまいましたが・・・)にあたる部分です。見たものの像が、ここで焦点を結びます。
網膜の病気糖尿病性網膜症加齢黄斑変性網膜剥離、網膜色素変性、ぶどう膜炎

黄斑(おうはん)
網膜の最も視力に影響のある部分です。
黄斑の病気加齢黄斑変性中心性漿液性網脈絡膜症、黄斑円孔、黄斑上膜

視神経
物を見た視覚の情報は、視神経を通じて脳に送られます。
視神経の病気緑内障、視神経炎

ホームページへ

ホームページへ
眼の構造と病気
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
はたがや おかだ眼科 診療情報 印刷用ページ
Google地図
眼の断面図
おかだ眼科
HATAGAYA OKADA EYE CLINIC
はたがや
東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F

幡ヶ谷 眼科 はたがや おかだ眼科 幡ヶ谷駅徒歩3分 6号通り商店街 


幡ヶ谷 駅徒歩3分 笹塚 初台 徒歩圏 眼科
院長 岡田 潔 
日本眼科学会眼科専門医 医学博士 

東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19
金鈴ビル1F
TEL & FAX:03-3378-2931

幡ヶ谷 眼科 駅徒歩3分 はたがやおかだ眼科


東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F TEL & FAX 03−3378−2931

幡ヶ谷 眼科

はたがや おかだ眼科: 東京都渋谷区幡ヶ谷2−9−19 金鈴ビル1F
TEL & FAX : 03-3378-2931


Copyright (c) 2007-2010 Hatagaya Okada Eye Clinic All rights reserved.